Laravelの開発時に入れておくべきVSCode拡張機能「Laravel Extension Pack」


はじめに

PHPの開発時のエディターでよく利用するVisual Studio Code(以下、VSCode)ですが、Laravelのフレームワークで開発する際に入れておくべき「Laravel Extension Pack」についての導入方法の備忘録です。

 

Laravel Extension Pack

このExtension Packですが、下記のプラグインがインストールされます。

  • Laravel Blade Snippets
  • Laravel 5 Snippets
  • Laravel Artisan
  • Laravel goto view
  • DotENV
  • PHP Debug
  • PHP Intellisense
  • EditorConfig for VS Code
  • VS Live Share

Laravel Blade Snippets

bladeファイルのシンタックスハイライトが有効になります。

また、コードの生成をコマンドで出来たりと、便利な機能が使えるようになります。

 

Laravel 5 Snippets

「Auth::」「Request::」「Root::」 などのスニペットを提供してくれるプラグインです。

サポートしているスニペットは下記の通り

  • Auth
  • Broadcast
  • Cache
  • Config
  • Console
  • Cookie
  • Crypt
  • DB
  • Event
  • Form (Laravel Collective Form/Html needs to be installed and available as blade snippets)
  • Hash
  • Helper
  • Log
  • Mail - Contains Mail:: and Mailable:: prefix for mail related settings
  • Passport (Laravel v5.3 - API Authentication)
  • Redirect
  • Relation
  • Request
  • Response
  • Route
  • Schema - Contains Schema:: and Column:: prefix for database related settings
  • Session
  • Storage
  • Str
  • View

 

Laravel Artisan

artisanコマンドをVSCodeのコマンドライン上から実行することができるようになります。

 

Laravel goto view

Controllerなどの返り値(view名)をクリックするとそのviewファイルを開いてくれる便利ツールです。

 

DotENV

envファイルのシンタックスハイライトが有効となります。

 

PHP Debug

PHPのデバッグができる機能を提供してくれるプラグインです

 

PHP Intellisense

PHPのコード補完やシンタックスハイライトが有効となります。

 

EditorConfig for VS Code

文字コード、改行コード、インデント幅などのルールをきめて統一するためのプラグインです。

 

VS Live Share

使い慣れたツールからプロジェクトを仲間とすばやく共有することができます。

リモートで開発をおこな方は有効にしてください。

 

導入方法

1) まずは拡張機能から「Laravel Extension Pack」を探し、インストールします

 

2) これで、インストールは完了です。

 

さいごに

ここでインストールした9つのプラグインですが、不要なプラグインがある場合は、無効化なりアンインストールなりしてください。