[Laravel] constructでSession情報を利用する方法

PHP

はじめに

Office365のOAuth認証連携でアプリを作成しているときに、construct内でセッションが空でした。認証エラーなど、construct内でsession情報を引き継ぐ方法をメモしておきます。

Sessionが空で出力される

下記のように記載すると、Session情報が配列として格納されていません。
(空で出力されます)

class SampleController extends Controller
{
 public function __construct()
  {
  $token = session('token');
  var_dump($token);
 }
}

Sessionを引き継ぐ

Kernel.php 内にmiddlewareで利用するクラスが管理されており、このKernel.phpに対してか下記のように修正することで、constructでSession情報を利用できます。

app\Http\Kernel.php

class Kernel extends HttpKernel
{
    /**
     * The application's global HTTP middleware stack.
     *
     * These middleware are run during every request to your application.
     *
     * @var array
     */
    protected $middleware = [
        \App\Http\Middleware\CheckForMaintenanceMode::class,
        \Illuminate\Foundation\Http\Middleware\ValidatePostSize::class,
        \App\Http\Middleware\TrimStrings::class,
        \Illuminate\Foundation\Http\Middleware\ConvertEmptyStringsToNull::class,
        \App\Http\Middleware\TrustProxies::class,
        // 以下追加
        \Illuminate\Session\Middleware\StartSession::class,
    ];

    /**
     * The application's route middleware groups.
     *
     * @var array
     */
    protected $middlewareGroups = [
        'web' => [
            \App\Http\Middleware\EncryptCookies::class,
            \Illuminate\Cookie\Middleware\AddQueuedCookiesToResponse::class,
            // 以下コメント化
            // \Illuminate\Session\Middleware\StartSession::class,
            // \Illuminate\Session\Middleware\AuthenticateSession::class,
            \Illuminate\View\Middleware\ShareErrorsFromSession::class,
            \App\Http\Middleware\VerifyCsrfToken::class,
            \Illuminate\Routing\Middleware\SubstituteBindings::class,
        ],

        'api' => [
            'throttle:60,1',
            'bindings',
        ],
    ];
    ・・・
}

最後に

sessionって結構いろいろ使うことが多いですが、セキュリティ上扱いに注意して利用してください。

タイトルとURLをコピーしました