Javaをこれから学ぶ方必見!おすすめエディタ4選

2022-06-07


はじめに

Javaとはこれからプログラミングを勉強しようと考えている方も1度は聞いたことがあるかと思いますが、最も人気のある主要プログラミング言語の一つです。

デスクトップアプリケーションやAndroidアプリの開発など、様々な場面で利用されている言語です。

今回は、そのJavaを開発する上でおすすめのエディタをご紹介します。

Java開発におすすめエディタ5選

Eclipse

Eclipseは Java開発でのシェアが圧倒的に多いIDEで、デスクトップ版とクラウド版の両方があります。

WindowsやMacOSだけでなくLinuxやSolarisといった環境で動作し、Eclipse MarketplaceにはIDE用の様々なプラグインが用意されています。

このEclipseですが、若干重い傾向がありますが、CやC++、GroovyやPerlといった様々な言語の開発も可能となっている優れたIDEとなります。

Exclipse

NetBeans

NetBeansはオープンソースのIDEの一つで、現在ではJava以外の言語もサポートしていますが、本来はJavaアプリケーション開発の統合環境として開発が進められたIDEとなります、

NetBeansにはGUIビルダーという機能が備わっており、アプリケーションのデザインを確認しながら、直感的に開発が行えるのも特徴です。

NetBeans

IntelliJ IDEA

Javaで最も人気であったEclipseを抜いてシェアが拡大に広がったIDEがIntelliJ IDEAとなります。基本的なJVM言語(Java、Scala、Kotlinなど)は無償でサポートしていますが、HTMLやCSS、JavascriptといったWeb開発に関する言語については有償でのサポートとなります。

快適なコード記述を売りにしており、補完機能やエラー検知能力、リファクタリング機能に特に優れています。

こちらもWindowsやMacOS、Linuxとマルチプラットフォーム対応のIDEとなります。

IntelliJ IDEA

JDeveloper(Oracle)

Oracle社が無償で提要している統合開発環境となります。
あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、JDeveloperを利用することで開発環境の整備が楽に行えるのが特徴です。

基本的にEclipseなどはプラグインなどを入れて環境を整えますが、JDeveloperはインストール時点で十分な機能が備わった状態で開発を行うことができます。

JDeveloper(Oracle)

最後に

開発環境によってモチベーションや生産性がかなり違ってきます。拡張性が高く軽いエディタとして筆者はVSCodeが一番おすすめですが、より良い環境が見つかると良いですね。