Reactをこれから学ぶ方必見!おすすめエディタ5選

2022-06-07


はじめに

Web開発を行う時に利用するエディタですが、どのエディタを利用すれば良いか迷う方も多いかと思います。

本記事では、Reactの開発を行う時におすすめのエディタを5つ紹介します。

自分に合ったエディタが見つかれば良いなと思います。

React開発におすすめエディタ5選

Visual Studio Code (VSCode)

Visual Studio CodeはフリーのソースコードエディタでMicrosoftが開発したエディタです。WindowsやMacOS、Linuxに対応しています。
Git管理や様々な拡張ツールが多く、ソフト自体も軽快に動作するので、一番おすすめするエディタです。

Visual Studio Code

Atom

Atomはフリーのオープンソースエディタでこのエディタは高度なカスタマイズが可能なのと、インストールがとても容易であるということです。
Atomを選ぶ多大なめりっとはワークスペース全体を共有しリアルタイムでコードが編集できることです。

Atom

Sublime Text

Sublime TextはWindowsやMacOS、Linuxで動作するクロスプラットフォーム対応のテキストエディタで、プラグインを利用することで機能をどんどん拡張することができます。
継続する場合はライセンスの購入が必要になりますが、払ってもいいレベルでの機能が備わっているエディタです。

Sublime Text

Reactide

React Webアプリ開発専用のIDEとなります。このエディタは開発環境としてNodeサーバとカスタムブラウザシュミレータを備えており、自身でサーバやビルドツールを用意する必要がないので、Reactをメインで開発する方にとってはとても便利なエディタだと考えています。

Reactide

WebStorm

有料のソフトウェアではありますが、コード補完だけでなくリアルタイムでのJavascriptエラーの検知やデッドコードの検出、リファクタリングが可能となっています。
Web制作のほとんどの作業をこのWebStormで完結することができる強力なエディタと言えるでしょう。

WebStorm

最後に

開発環境によってモチベーションや生産性がかなり違ってきます。拡張性が高く軽いエディタとして筆者はVSCodeが一番おすすめですが、より良い環境が見つかると良いですね。