Windows 10 RSAT Tool(リモートサーバ管理ツール)をインストール時にError:0x800f0954が発生する時の対応方法


はじめに

Windows 10 1909環境にRSATツールをインストールしようとしたところ、エラー(0x800f0954)が発生し、インストールができませんでした。

RSATツールのインストール方法(Windows 10 1809以降)は、「設定」-「アプリ」ー「オプション機能」からインストールする方法と、Powershellなどからインストールする方法があります。

今回は、Powershellでインストールする方法での備忘録を残しておきます。

RSATツールインストール

前述でも述べたようにRASTツールのインストール方法はいくつかありますが、まずはGUIでのインストール方法です。

1) まずは「設定」をクリックし「アプリ」を選択します

2) 「アプリと機能」の「オプション機能」を選択します。

3) 「機能の追加」をクリックします。

4) RSATツールがいくつかあります。必要なツールを選択しインストールをクリックします。これでインストールは完了です。

PowerShellで行う場合は、下記のように行います。

PS C:\Windows\system32> Get-WindowsCapability -Name RSAT* -Online

Name         : Rsat.ActiveDirectory.DS-LDS.Tools~~~~0.0.1.0
State        : NotPresent
DisplayName  : RSAT: Active Directory Domain Services およびライトウェイト ディレクトリ サービス ツール
Description  : Active Directory Domain Services (AD DS) および Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (A
               D LDS) ツールには、Windows Server 上の AD DS および AD LDS をリモートで管理するためのスナップインとコマ
               ンドライン ツールが含まれています。
DownloadSize : 5230239
InstallSize  : 34189702

Name         : Rsat.BitLocker.Recovery.Tools~~~~0.0.1.0
State        : NotPresent
DisplayName  : RSAT: BitLocker ドライブ暗号化管理ユーティリティ
Description  : BitLocker ドライブ暗号化管理ユーティリティには、BitLocker ドライブ暗号化機能を管理するためのツールが含ま
               れています。BitLocker Active Directory 回復パスワード ビューアーは、Active Directory Domain Services (AD
                DS) で BitLocker ドライブ暗号化回復パスワードを検索するのに役立ちます。
DownloadSize : 42179
InstallSize  : 121076

・・・

Get-WIndowsCapability コマンドを利用し、インストール可能なRSATツールのリストを取得します。
ただ、これだと見づらいので、下記のように実行します。


PS C:\Windows\system32> Get-WindowsCapability -Name RSAT* -Online | Select-Object -Property Name, DisplayName, State Name DisplayName State ---- ----------- ----- Rsat.ActiveDirectory.DS-LDS.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: Active Directory Domain Services およびライトウェイト ディレクトリ サービス ツール NotPresent Rsat.BitLocker.Recovery.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: BitLocker ドライブ暗号化管理ユーティリティ NotPresent Rsat.CertificateServices.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: Active Directory 証明書サービス ツール NotPresent Rsat.DHCP.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: DHCP サーバー ツール NotPresent Rsat.Dns.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: DNS サーバー ツール NotPresent Rsat.FailoverCluster.Management.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: フェールオーバー クラスタリング ツール NotPresent Rsat.FileServices.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: ファイル サービス ツール NotPresent Rsat.GroupPolicy.Management.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: グループ ポリシー管理ツール NotPresent Rsat.IPAM.Client.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: IP アドレス管理 (IPAM) クライアント NotPresent Rsat.LLDP.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: データ センター ブリッジング LLDP ツール NotPresent Rsat.NetworkController.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: ネットワーク コントローラー管理ツール NotPresent Rsat.NetworkLoadBalancing.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: ネットワーク負荷分散ツール NotPresent Rsat.RemoteAccess.Management.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: リモート アクセス管理ツール NotPresent Rsat.RemoteDesktop.Services.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: リモート デスクトップ サービス ツール NotPresent Rsat.ServerManager.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: サーバー マネージャー NotPresent Rsat.Shielded.VM.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: シールドされた VM のツール NotPresent Rsat.StorageMigrationService.Management.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: ストレージ移行サービス管理ツール NotPresent Rsat.StorageReplica.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: Windows PowerShell 用記憶域レプリカ モジュール NotPresent Rsat.SystemInsights.Management.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: Windows PowerShell のシステム インサイト モジュール NotPresent Rsat.VolumeActivation.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: ボリューム ライセンス認証ツール NotPresent Rsat.WSUS.Tools~~~~0.0.1.0 RSAT: Windows Server Update Services ツール NotPresent NotPresent

こんな感じでツールのインストール状態含めて一覧化します。

今回は、ServerManager.Toolsをインストールします。

正常にインストールが完了した場合は下記のようになります。

Add-WindowsCapability -online -Name "Rsat.ServerManager.Tools~~~~0.0.1.0"

Path          :
Online        : True
RestartNeeded : False

しかし、通常は上記のような結果となりますが、下記のようなことが起こりました。


Add-WindowsCapability : Add-WindowsCapability に失敗しました。エラー コード = 0x800f0954 発生場所 行:1 文字:1 + Add-WindowsCapability -online -Name "Rsat.ServerManager.Tools~~~~0.0.1.0" + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ + CategoryInfo : NotSpecified: (:) [Add-WindowsCapability], COMException + FullyQualifiedErrorId : Microsoft.Dism.Commands.AddWindowsCapabilityCommand

エラーにおける対応策

0x800f0954エラーですが、どのようなエラーなのかというと、「WSUS(Windows Server Update Services)」では対応していないよ!というエラーらしいです。

じゃあどうすれば良いかというと、WSUSを使わないようにすれば良いだけ。

インストールする時のみWSUSの利用をOFFにして、インストールが完了した後に元に戻してやれば良いということです。

では、実際にWSUSの設定をOFFにします。

おそらく、UseWUServerの設定が0x00000001になっていると思います。これを0x00000000にしてあげます。

その後、Windows Update サービスの再起動を行います。

再起動後、再度インストールを行います。

問題なくインストールが行えるかと思います。

最後に

Windows Update関連のエラーは多くあり、どのような対応を取れば良いのかと迷うことが多いですね。

今回はRSATツールのインストールでの対応でしたが、他のインストール時にも同様のエラーが発生した場合は、試してみてください。