[VBA] 文字列の置き換え(Replase関数)

Replase関数の使い方

Replase関数は置換したい文字列に対して指定した文字列を検索し、別の文字列に置き換えるため利用する関数です

[]で囲まれている部分は省略可能です。

以下、引数についてです

引数 定数 説明
explession 置換する文字列を含む文字列
find 検索文字列
replace 置換する文字列
start 検索開始位置
count 置換する文字列数を指定(省略の場合は全て置換)
compare vbBinaryCompare(0) vbTextCompare(1) バイナリモードまたはテキストモードで比較する

引数のstartとcountは一緒に利用します

以下、戻り値についてです

条件 戻り値
expressionが長さ0の文字列 長さ0の文字列
expressionがNULL エラー
findが長さ0の文字列 expressionのコピー
replaseが長さ0の文字列 findがすべて削除されたexpressionのコピー
startの値がexpressionの文字列数より大きい 長さ0の文字列
countが0 expressionのコピー
スポンサーリンク

サンプルコード

実行結果

 

Appleの文字列をOrangeに置換するサンプルとなります。
大文字と小文字を区別したい場合は、下記のようにすると良いと思います

 

改行コードの置換も可能です。

実行結果は以下となります。

 

最後に

他にも正規表現を使った置換方法やセルの範囲の中から指定の文字列を置き換える「Replaseメソッド」などありますが、今回はVBAのReplase関数を紹介しました。

機会があれば他の方法も記載しようと思います。
是非ご活用ください

スポンサーリンク