[VBA] 文字列に改行コードが含まれているかどうかチェックする

改行コードの種類

改行コードにはCR、LF、CRLFの3種類があり、文字コードはCRが0x0D(13)、LFは0x0A(10)となります。それぞれ1バイト文字です。
CRLFの場合はCRとLFをつなげた2バイトとなります。

VBAでは改行コード用の定数が定義されており、以下の4つとなります。

  • vbCr
  • vbLf
  • vbCrLf
  • vbNewLine

vbNewLineは実行OSに依存します。

  • Windows OS・・・vbCrLf
  • Mac OS・・・vbCr
スポンサーリンク

 

改行コード判定サンプル

以下は、改行コードが含まれているかどうか判定する処理のサンプルとなります。
改行コードが含まれている場合は「True」を返し、含まれていない場合は「False」を返します。


 

スポンサーリンク