【SCCM】SCCM管理ポイントの情報を取得する

2019-02-05

f:id:hirouf:20150124130208j:plain

こんばんわ。Highroです。
6日ぶりの更新になります。

今日は、SCCM(System Center Configuration Manager)から取得する情報についてメモしておきます。企業ではSCCMを利用してコンピュータを管理しているところは結構あると思います。
このSCCMですが、導入すると、たくさんのテーブルやビューが初期で作成されるため、どのテーブルやビューにどんな情報があるのか大変です。

今回は、SCCMの接続先である「管理ポイント」の情報を取得する場所や方法について記載します。

参照するテーブル

SCCM管理ポイントを取得するための参照テーブルは下記になります。

Sites テーブル

しかし、ここのテーブルだけでは、ターゲットとするPCの管理ポイントの情報がわかりません。
このテーブルにはあくまで、サイトに関する管理ポイントの情報が格納されているのです。

そこで、PC情報と紐づけるために参照するテーブルが下記になります

Sites_DATA テーブル

このテーブルには、コンピュータのユニークIDとサイトコードの一覧が保存されています。

上記二つのテーブルを結合して、SCCM管理ポイント(Management Point)を取得することができます。

SQL

SELECT
A.DefaultMP
FROM
Sites A
INNER JOIN
Sites_DATA B
ON
A.SiteCode = B.SiteCode
WHERE
CI_ID = 〜〜〜

上記SQL文はあくまで一例です。

上記のようにして、対象のコンピュータの管理ポイントの情報を取得することができるようになります。

補足

今回は、SCCM管理ポイントの情報を取得する方法について、記載しましたが、コンピュータの情報(CPUやHDD、OS等の情報)を取得する場合は下記のビューに含まれています。

ビュー

v_R_System ビュー

このビューを利用することで、コンピュータの様々な情報を参照することができます。

SCCMはPCの様々な情報を取得することができるので、使い込めばかなり良いツールだなぁと思いました。